文京学院大学について

学習機会の提供

学習機会の提供

多くの人々に、充実した学びの場を提供するため、地域社会や行政とのかかわりを密にしています。

ふじみ野市民カレッジ(旧大井町町民カレッジ)・文京区後援特別文化講演

本学の研究教育の成果を地域に還元し、併せて地元市民のリカレント教育を目的として、埼玉県ふじみ野市と共同で市民カレッジを実施している。ふじみ野市大井の市民を初め、ふじみ野市全域、富士見市、三芳町など近隣からも受講生がある。
毎年1シリーズ(4回)を行い、各回100名程度の市民が参加している(平成12年から)。
本郷キャンパスでは、地元の文京区と連携して文化講演会を実施している。
これまでに聖路加病院理事長日野原重明先生、諏訪中央病院元院長鎌田實先生、2002年ノーベル物理学賞受賞者 小柴昌俊先生、映画「レオニー」監督 松井久子氏などを招いて講演をお願いした。
いずれも地域市民で満席となった。

公開講座ウィークエンドフォーラム

平成3年から始めた公開講座で、毎年春と秋の週末に連続3回開催。すっかり定着し、登録会員は1500名以上。毎回300名程度が参加している。
タイムリーなテーマを設定した講演と少人数で行うゼミナール方式の2コースがある(平成3年から)。
平成15年からは、さらに多くの市民に大学の講義を開いていくために、彩の国コンソーシアム(埼玉西部地区18大学)公開講座を共同で実施している。
淑徳大学との2大学連携公開講座も実施して、両大学の最も得意とする分野を地域に還元していくことを目指している。

生涯学習センター

文京学院大学生涯学習センターを設置。近隣住民、市民、首都圏ビジネスマン等の再教育・リカレント教育を行っている。
本学のもつ教育ノウハウを広く社会に還元していく。
春講座、秋講座を開講し、年間約150講座、延べ2000人程度の受講者がある。

生涯カレッジ

社会人向けに年間カリキュラムを組んで1年間学ぶシステム。
一般教養科目、専門科目を適度に織り込んで、毎週火曜日、年間で60コマを受講する。
40代~80代の社会人が登録している。

ニュービジネス協議会との連携(平成20年度より)

新しい分野の産業の創設、起業などを目指す青年実業家らで組織するニュービジネス協会と連携し、経済産業省の後援を得て行う取組。
起業を目指す人を対象にした講義、新しいビジネスを開発する研究、人材の育成を行う。

東京都大学等委託訓練

東京都では求職中の方が、短期間で新たな知識・技能を身につけ、再就職に役立てられる能力を開発するための職業訓練を実施している。
本学は東京都から訓練を受託し、平成24年度は「国際ビジネスマネジメント科」「国際ビジネスキャリアアップ科」の2コースが採択されている。平成14年度以降20回の委託訓練を実施した実績がある。
訓練内容は、英語を利用した社内外での文書のやり取り、電話や会議での意見伝達・交渉など実践的な英語を学ぶとともに、経営の基礎知識、就職活動や就職先で役立つプレゼンテーションスキルを身につけるものである。
講師陣には本学教授ならびに第一線で活躍する専門家を迎え、再就職に向けてのキャリアアップを手伝っている。