大学院

2016年 理学療法学科の卒業生が国際肩肘関節学会・セラピスト学会で「最優秀ポスター賞」を受賞

2016.05.23
文京学院大学大学院保健医療科学研究科に所属する大学院生の小林弘幸さんは、5 月18 日(水)から20 日(金)に韓国・済州で行われた国際肩肘関節学会・セラピスト学会にて、「最優秀ポスター賞」を受賞しました。
 
今回の学会では小林さんは、心臓・血管および各種平滑筋の生理・薬理学を専門とする石田行知教授を共同演者として、「肩関節屈曲動作の肩甲骨の左右特性」と題し、胸郭には非対称性がパターン化されており、肩甲骨も胸郭に依存した運動が生じることを報告しました。