大学院

第11回 日本臨床検査学教育学会学術大会で本学学生が「優秀発表賞」を受賞

2016.09.16

第11回 日本臨床検査学教育学会学術大会(8月31日~9月2日、兵庫県神戸市)において、本学大学院保健医療科学研究科の古谷信彦研究室に所属する鈴木周朔さん(微生物研究室)が「優秀発表賞」を受賞しました。

 

受賞演題 「in vitro でのマクロライド系薬剤長期暴露による緑膿菌への経時的影響」

重症化する緑膿菌呼吸器感染症の治療法「マクロライド系薬剤少量長期療法」の効果を解明するため、緑膿菌を長期間薬剤に暴露し、病原性の変化について検討を行いました。緑膿菌の運動能に抑制が確認されたことから、病原性低下の可能性を示唆する研究発表を行いました。