大学院

准教授
宗澤 紀子むねざわ のりこ (Noriko MUNEZAWA)
担当科目 演習テーマ

老年看護学 人間の発達と健康Ⅱ 基礎ゼミナールⅡ 老年看護学実習 統合実習 療養生活支援看護学実習

所属学部 大学院
研究課題
(主なテーマ)

胃がん、消化器疾患、食事、栄養、高齢者

ひとこと
専門分野

高齢者看護学

学位

博士(看護科学)

最終学歴

筑波大学大学院

主な経歴

武蔵野赤十字病院
静岡県立静岡がんセンター
福島県立医科大学看護学部

研究業績
外部資金その他
競争的資金の
受入・採択

論文・発表等
・Mizuno, M; Nemoto, N; Sasahara, T; Yamashita, M.(2016).Comparison of Subjective Well-being and Relevant Health Outcome Factors between Patients Undergoing Chemotherapy and Cancer Survivors in Stable Condition. Psycho-Oncology. 25, 60.
・ Mizuno, M; Nemoto, N; Sasahara, T; Yamashita, M.(2016).Reliability and Construct Validity of a Japanese version of the Quality of Life Index in Cancer Patients. Cancer Nursing.39, S105.
・根本紀子(2015). 疾患と看護がわかる看護過程 ナーシングプロセス 胃がん 看護編, Clinical Study, 36(4), 33-47.
・根本紀子(2014). 胃切除術後患者の食物摂取量、自覚症状、気分の変化―退院後3ヶ月の特徴―, 第34回日本看護科学学会学術集会.
・R Makabe, N Nemoto(2013). Nurses’ Need of a Learning Program for Evidence-Based Practice at Center Hospitals for Cancer Care in Japan: A Content Analysis of Interviews.The 15th World Congress of Psycho-Oncology.
・N Nemoto, R Makabe(2013).Evidence-Based Practice Related to Effects of Peripheral Neuropathy Caused by Chemotherapy on Quality of Life in Japan: A Literature Review.
・根本紀子,中村美知子(2010). 胃切除術後高齢患者の食事摂取状況と負担感の変化.山梨大学看護学会誌, 9(1), 47-52.
・石川寛、篠道弘、稲野利美、佐藤弘、根本紀子(2010).NSTの現場から 末期胃癌患者に他職種で栄養管理にかかわった1例.臨床栄養, 116(3), 288-291.
・根本紀子,中村美知子(2008). 胃切除術後患者の食物摂取状況と自覚症状の術前から術後の変化―年齢による比較―, 第30回臨床栄養学会総会
・根本紀子,中村美知子(2008). 胃切除術後患者の負担感と食物摂取状況の経時的変化, 第28回日本看護科学学会学術集会

所属学会
国際会議等への参加

日本看護科学学会
日本静脈経腸栄養学会
日本がん看護学会  等

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動